アクセス解析 ブログパーツ アクセスランキング
洋画

アメリカン・スナイパー

劇場公開日 2015年2月21日

クリス・カイルはテキサス州に生まれ、厳格な父親から狩猟を教えられながら育った。やがて時は経ち、ロデオに明け暮れていたカイルは、アメリカ大使館爆破事件をきっかけに海軍へ志願する。30歳という年齢ながら厳しい訓練を突破して特殊部隊シールズに配属され、私生活でも恋人タヤと共に幸せな生活を送るクリスであったが、間もなくアメリカ同時多発テロ事件を契機に戦争が始まり、カイルもタヤとの結婚式の場で戦地への派遣命令が下るのだった。

イラク戦争で狙撃兵として類まれな才能を開花させたカイルは、多くの戦果から軍内で「伝説(レジェンド)」と称賛されると共に、敵からは「悪魔」と呼ばれ懸賞金をかけられていた。テロ組織を率いるザルカーウィーを捜索する作戦へと参加したカイルは1000m級の狙撃を得意とする元オリンピック射撃選手の敵スナイパー「ムスタファ」と遭遇し、以後何度も死闘を繰り広げる。繰り返される凄惨な戦いのなかで親友のビグルスは戦傷により視力を失い、戦争に疑問を感じ始めたマーク・リーは戦死し、強い兄にあこがれて海兵隊に入隊した弟はイラク派兵で心に深い傷を負って除隊した。同僚や弟が戦場で傷付き、倒れゆく様を目の当たりにし、徐々にカイルの心はPTSDに蝕ばまれていった。戦地から帰国するたびに変わっていく夫の姿に苦しみ、人間らしさを取り戻してほしいと嘆願するタヤの願いもむなしく、戦地から帰国するたびにカイルと家族との溝は広がっていく。

4度目の派遣でサドルシティに赴いたカイルたちは敵の制圧地帯に展開し、ついに防護壁の工兵を射殺したムスタファの姿を捉える。ビグルスへの思いを込めて放った一発の銃弾はムスタファを貫き、敵陣の包囲網を辛くも突破。宿命の長い戦いはついに幕を閉じたのだった。

除隊し帰国したカイルは、戦地の記憶に苛まれ一般社会に馴染めない日々を送っていた。やがて医師の勧めで始めた傷痍軍人たちとの交流を続けるうちに、少しずつ人間の心を取り戻していたある日、悲劇は突如として訪れる。退役軍人社会復帰プログラムの一貫として出掛けた射撃訓練先で、同行していた男に射殺されるのだった。

予告動画


本編
openload吹き替えページ

vidoza吹き替えページ

streamango吹き替えページ