アクセス解析 ブログパーツ アクセスランキング
洋画

デイ・アフター 2020 首都大凍結

西暦2020年- 地球温暖化で多くの地域が砂漠化。
イギリスにも難民が大挙し、国際封鎖を余儀なくされる。
深刻化するエネルギー危機の対策として、北極圏の氷原の下に眠る石油掘削計画が進行していた。

科学者のトム(リチャード・ロクスバーグ)は、グリーンランドで作業を行うヘイロー社の掘削設備が氷原を破壊し新たな氷河期を招くと警告する。
トムが現地調査に乗り込んだことを知ったカバナー社長(サム・ニール)は専属弁護士のサラ(フランシス・オコナー)を監視役として送り込む。

一方、トムの妻ジャクリーン(クレア・フォラーニ)と娘は、ロンドンに住む義父スティーブン(ベン・クロス)の家を訪れていた。
急激な冷気に包まれた北半球は豪雪に襲われ、ロンドンでも市民らに避難命令が発せられていた。
プロペラ機を譲り受け、狂った自然の容赦ない猛威の中、トムは家族の救出に向かう。

予告動画


本編
openload前編ページ

openload後編ページ

clipwatching前編ページ

clipwatching後編ページ