アクセス解析 ブログパーツ アクセスランキング
洋画

ウォーターワールド

劇場公開日 1995年8月26日

2XXX年、地球温暖化は両極の氷をすべて溶かし、地表を消し去ってしまった。それから数世紀、残った人類は浮遊都市のなかで暮らしていた。船で放浪の旅を続けるマリナーは、背中に伝説の陸地の地図を彫った少女と出会う。
冒頭、ユニバーサルのロゴマークである地球から、みるみる陸地が消えていく。90年代を代表する大スター、ケヴィン・コスナーが、映画100年を記念して最高のエンターテイメントに挑んだ超大作だ。『ジュラシック・パーク』の3倍近い、1億7500万ドルの制作費が投入された。監督はコスナーの盟友、ケヴィン・レイノルズ。
革命的なプロダクションデザインとダイナミックな視覚効果による、SFスペクタクル・アドベンチャーだ。これまで誰も見たことのない、驚異の未来世界の姿がここにはある。(アルジオン北村)

予告動画


本編
clipwatching吹き替えページ